引越し準備やることリスト。

STEP1:まずは引越しの見積もりを依頼をしよう

引越しを決めたらまずは新居を探すところから始めます。どんな街に住みたい。どんな家に住みたい……。想像がふくらみますね。「ここだ!」と思う部屋を見つけたら、いよいよ引越しの準備にとりかかります。

■新居の決定

対象:単身、家族、オフィス
新居を決める際には、必ず引越しのための下見をしましょう。家の間取りや、駅からの距離など、確かめるべきポイントはたくさんありますが、意外に見落としがちなのが、荷物の搬入ができるかどうかです。引越しのときに慌てることがないようにエレベーターの有無や、ドアのサイズなどを確認するようにしましょう。

■引越し日を決める

対象:単身、家族、オフィス
引越しが決まったら、とにかくすぐに動くことが大切です。まず考えたいのが、「いつ引越しをするか」。全体スケジュールの大きなポイントにもなるので、引越し日は大まかにでも1カ月前には検討しましょう。

■賃貸契約を結ぶ・初期費用の支払い

対象:単身、家族、オフィス
賃貸契約の際には、賃貸借契約書をしっかりと読むことが大切です。よく確認せずにサインをしてしまうと、トラブルにつながってしまうケースもあります。また、貸し主に支払う敷金(敷引)・礼金・前家賃や、不動産会社に支払う仲介手数料など、契約時に支払う初期費用はさまざまです。引越しの際には余裕をもって見積もっておきましょう。

■引越し業者選び

対象:単身、家族、オフィス
引越し業者と一言で言っても、全国展開している会社やその土地に密着している会社、個人で行っている会社など、その規模はさまざまです。大手と中小、どちらの引越し会社にも一長一短ありますが、まずは一度会社の規模に関係なく複数の会社から相見積もりを取り、それぞれの特徴を踏まえた上で、信頼できる引越し会社を選びましょう!
・引越し業者選びに関する記事一覧(SUUMO引越し見積もり)
・おすすめの引越し業者・会社一覧(SUUMO引越し見積もり)

見積もりしたい引越し業者を自由に選んで依頼できる!

クロネコヤマトの引越サービス
アート引越センター
アーク引越センター
ハート引越センター
サカイ引越センター
アリさんマークの引越社
KIZUNA引越センター

あなたの引越しはいくら?
あなたの引越し料金を調べる

■引越し見積もり依頼

対象:単身、家族、オフィス
安くて自分にあった引越し業者を選ぶには、複数の引越し業者で見積もりを取り、比較することが大切です。一括見積もりサイトなどを利用し、まずは8社程度をメドに見積もりをとってみましょう。引越しの1カ月前には見積もり依頼をするとよいでしょう。
・SUUMO引越し見積もり
・引越し見積もりに関する記事一覧(SUUMO引越し見積もり)

■現住居の管理会社・大家さんに解約の連絡

対象:単身、家族、オフィス
引越しが決まったあとの大家さんへの連絡はできるだけ早く行います。引越し作業をする日がまだ決まっていない場合は、おおよその退去時期を伝えるとよいでしょう。

■駐車場の解約手続き
【電話で手続き】

対象:単身、家族
住居から離れた駐車場を利用している場合は、駐車場の解約手続きも忘れてはいけません。引越しの1カ月前までに連絡をしないと、翌月の支払いまでしなければならない場合があるので、解約期限はしっかりと確認するようにしましょう。

引越しが安い業者をお探しなら一括見積サイトを利用しましょう!

バイナリーオプションの用語集

あ行

【RSI】
テクニカルチャートのひとつで、相場の状態が「買われすぎ」や「売られすぎ」になっているか知ることができる。

【RCI】
テクニカルチャートのひとつで、一定期間のうち、レートがどのように動いたかを数値にして表したもの。

【アウト・オブ・ザ・マネー】
今持っているポジションが、このままだと損失が出る状態のこと。

【アット・ザ・マネー】
チケットを購入したときと同じ価格で判定時間になること。ほとんどの業者では、この場合は返金となる。

【一目均衡表】
「基準線」、「転換線」、「先行スパン1」、「先行スパン2」、「遅行スパン」という5つの指標から、相場のトレンドや、上昇と下降のタイミングをひと目で判断することができる。

【移動平均線】
ある期間を、レートが平均してどのように移動したのかを表すテクニカルチャート。長期と短期の線をくらべることで、売買のタイミングをはかることができる。

【イン・ザ・マネー】
今持っているポジションが、このままなら利益を出せる状態のこと。

【売り持ち】
レートが下がると予測して、売りポジションを取っている状態。

【上放れ】
上値抵抗線を超えて、一気にレートが上昇すること。

【上値抵抗線】
過去の上値と上値を結んだラインで、基本的にはレートはこれを超える動きは見せない。レジスタンスライン。

【S⇔Eレート】
スタート(START)レートとエンドレート(END)の差額のこと。バイナリーオプションでは、取引開始の価格がスタートレートで、判定時刻の価格がエンドレートとなる。

【FX】
外国の通貨を売買し、差額で利益を得る取引。外国為替証拠金取引といい、証拠金をあずけることで資金よりも大きな取引も行うことができる。バイナリーオプションもFXの一種なので、取引を行うにはFXの口座も同時に開設することになる。

【円高】
円の価値が上がっている状態。

【円安】
円の価値が下がっている状態。

【オージー】
豪ドルのこと。「オーストラリアドル」だと長くなるので、こう呼ぶ。

【オールオアナッシング取引】
勝てば配当金が得られ、負ければ投資金額をすべて失う、バイナリーオプションの性質をあらわした言葉。

【オシレーター系指標】
テクニカルチャートのうち、相場の状態が「買われすぎ」や「売られすぎ」であることを知ることができる種類のもの。おもなものに、RSIがある。

【終値】
その日の相場で最後のレート。たとえば東京市場やニューヨーク市場ではそれぞれ現地の17時の時点での価格。

○か行

【買い戻し】
売りポジションを解消すること。

【機関投資家】
個人ではなく、生命保険や投資信託のように集めた資金で大口の投資をおこなっている団体のこと。

【逆張り】
レートの動きとは逆方向に予想してポジションを取ること。

【経済指標】
各国の政府や機関が発表する、経済活動のデータ。重要国の指標によっては、大きく相場が動くこともある。

【権利行使価格】
判定時刻になったとき、売買できる価格のこと。バイナリーオプションでは、この権利をあらかじめ購入することで取引を行っている。たとえば、レートが上がると予想すれば「安く買える権利」になるので「買う権利」を購入し、レートが下がると予想すれば「高く売れる権利」になるので「売る権利」を購入していることになる。

【権利放棄】
判定時間が来る前に、途中で決済してしまうこと。これをうまく使うと、損失を減らしたり利益を確定させることもできる。途中精算ともいう。

【コールオブション】
レートが上がると予想するときに取るポジション。

【ゴールデンクロス】
移動平均線で、「短期の線」が「長期の線」を超えている状態。これが出ていると、レートが上がるサインとなる。

○さ行

【下値抵抗線】
チャートの安値と安値を結んだラインで、レートがそれを下回ることはないだろうと予想されるライン。サポートライン。

【サイコロジカルライン】
市場の投資家が、そろそろ相場が反転するだろうと予測する心理を数値で表したテクニカルチャート。逆張りに使いやすい。

【ショート】
売りポジション取ること。バイナリーオプションでは、レートが下がると予想するときに取る。

【ストキャスティクス】
テクニカルチャートのひとつで、価格の変動幅をもとに、相場の状態が「買われすぎ」か「売られすぎか」にあるかを判断できる。

○た行

【高値】
ある期間のうち、もっともレートが高くなったときの価格。

【タッチ】
バイナリーオプションの取引方法のひとつで、上がるか下がるかに加えて、ある価格ラインにレートが一度でも到達(タッチ)するかどうかを予想する。ワンタッチともいう。

【チャート】
相場がどのように動いているかをグラフにしてあらわしたもの。ロウソク足や、移動平均線などであらわすものが代表的。

【チケット】
バイナリーオプションで取引をするときに、購入するもの。予想が的中すれば、ペイアウト率に応じて配当金がもらえる。

【デイトレード】
ポジションを翌日に持ち越さず、その日のうちに取引を終えてしまう手法。

【テクニカル分析】
過去の相場をチャートにあらわして、それをもとにレートを予想すること。

【デフォルト】
債券の発行者が破綻するなどして、債務が履行できなくなること。国がデフォルトになると、通貨が売られて大きなトレンドが発生しやすい。

【トレンド】
チャートが示す相場の動き。

【トレンドライン】
チャートで、高値と高値、安値と安値を結んだライン。この上値抵抗線と下値支持線の間にレートはおさまると予想できる。

○な行

【仲値】
金融機関が決める、外国為替取引の基準レート。毎日、午前9時55分のレートを参考にして10時ごろに発表される。

【日経平均株価】
日本経済新聞社が発表している株価指数。東京証券取引所第一部上場から選ばれた225銘柄の平均なので、日経255ともいう。

○は行

【バイナリーオプション】
レートが上がるか下がるかを二者択一で選ぶ取引のこと。「バイナリー」とは二進法の意味。

【ハイロー】
レートが上がる(ハイ)か下がる(ロー)を予測する取引方法。

【始値】
市場が開いて、最初についた価格のこと。

【ファンダメンタルズ】
経済状況を示す指標のこと。主要国の指標は特に大きな影響をあたえるので、アメリカの雇用統計などは注目される。

【プットオプション】
レートが下がると予想するときに取るポジション。

【プラス・マイナス】
あらかじめ設定された価格ラインより、レートが上回るか下回るかを予想する取引方法。

【ペイアウト率】
予想が的中したときもらえる配当金の倍率。

【ボリンジャーバンド】
テクニカルチャートのひとつで、移動平均線の上下に標準偏差のラインを加えてあらわす。レートはこの範囲内にほぼおさまる。

○ま行

【戻り売り】
下降トレンドの相場で、レートが上昇したのを見はからって売りポジションを取ること。

○や行

【安値】
ある期間のうち、もっともレートが低くなったときの価格。

○ら行

【レバレッジ】
「てこ」という意味で、実際の資金より大きな金額で取引ができるようにするシステムのこと。これを利用することで大きな利益を上げることもできるが、その分もリスクも高くなる。

【レンジ】
判定時刻に、あらかじめ決められた範囲(レンジ)にレートがおさまるかどうかを予想する取引方法。

【ローソク足】
相場の動きを、レートの高値と安値、始値と終値からグラフにあらわしたもの。その形がローソクに見えることからこう呼ばれる。

【ロング】
買いポジション取ること。バイナリーオプションでは、レートが上がると予想するときに取る。

おすすめの海外バイナリーオプション業者は、オプションビットになります。